お薦めの見直し作業

保険見直しイコール、来店型店舗へ出向いての対面式の作業がイメージされますが、ある程度保険に関して詳しい、例えば保険あるいは金融業界あるいはファイナンシャルプランナーなどの資格をお持ちの方々であれば、自ら行う選択肢を視野に入れられても不思議ではありません。あるいは保険代理店へ出向くのが面倒もしくは難しい、もしくは必要関連情報をインターネット検索で収集から実践出来るとお考えの方々も、おそらく大勢いらっしゃるかと思われます。

パソコンここで特に注意いただきたいのが、ネットを用いた関連情報の収集からの自己判断作業です。ネットなる世界に飛び交う無数の情報は全てが信憑性を約束されているとは限らず、極めて匿名性が強い空間故、何らかの意図を持っての情報操作も数え切れません。保険関連の基礎知識の確認には有効な手段に違いありませんが、収集した情報を全て鵜呑みにしての、現在の皆様の不保状況のマッチングの判断は危険です

単純な原理ですが、1人より2人での作業であれば、見落としや誤った判断の防止に繋がるのみならず、保険のプロフェッショナルとの二人三脚であれば尚更です。保険の見直しは通常一刻を争う急務ではありません。無意味に日延べせずに時間を捻出から、ぜひ直接保険代理店の窓口へ足を運ばれる事をお薦めします。また、窓口に直接出向くのではなく、ファイナンシャルプランナー(FP)に訪問してもらう形の保険見直しサービスもあります。窓口へ行く時間がない人や面倒だという方はそういったサービスの利用も検討するといいでしょう。

推奨リンク・・・FPに保険相談<ほけんの時間>

見直しのタイミング

結婚ご家族の保険の見直しのタイミングはやはり、被保険者の生活環境が大きく変化を見せる、例えば成人あるいは就職からの経済的独立、結婚などの時期に合わせての実践がお薦めです。保護者であるご両親の庇護の下から経済的にも社会的にも離れると同時に、必要となる保険金額やその内容、そして保険金受取人の変更など、保障内容の大きな修正が欠かせません。

こうしたお子様の契約内容の修正に関し、今ひとつイメージが湧かない場合でも、不安を覚えられる必要はありません。保険見直し作業に際し、保険代理店の担当者にご質問いただければ、分かりやすい説明が受けられますので、理解納得出来るまで、じっくりと質疑応答を重ねながらイメージを掴んでいただければ大丈夫です

また可能であれば、ぜひお子様にも同席いただいてください。成人あるいは社会人として、それまで保険料を含め、全て親任せだった保険という金融商品の重要性を理解から、自身のライフプランを自ら見据え構築する貴重な体験の1つとして、保険見直しは貴重な実社会の学びの場となります。お子様の保険の見直しのベストタイミングとして、お子様ご自身が保険という保障を正しく理解出来る年齢に達し、生活環境や社会的立場が変わる時期が見逃せません。