お薦めの見直し作業

保険見直しイコール、来店型店舗へ出向いての対面式の作業がイメージされますが、ある程度保険に関して詳しい、例えば保険あるいは金融業界あるいはファイナンシャルプランナーなどの資格をお持ちの方々であれば、自ら行う選択肢を視野に入れられても不思議ではありません。あるいは保険代理店へ出向くのが面倒もしくは難しい、もしくは必要関連情報をインターネット検索で収集から実践出来るとお考えの方々も、おそらく大勢いらっしゃるかと思われます。

パソコンここで特に注意いただきたいのが、ネットを用いた関連情報の収集からの自己判断作業です。ネットなる世界に飛び交う無数の情報は全てが信憑性を約束されているとは限らず、極めて匿名性が強い空間故、何らかの意図を持っての情報操作も数え切れません。保険関連の基礎知識の確認には有効な手段に違いありませんが、収集した情報を全て鵜呑みにしての、現在の皆様の不保状況のマッチングの判断は危険です。

単純な原理ですが、1人より2人での作業であれば、見落としや誤った判断の防止に繋がるのみならず、保険のプロフェッショナルとの二人三脚であれば尚更です。保険の見直しは通常一刻を争う急務ではありません。無意味に日延べせずに時間を捻出から、ぜひ直接保険代理店の窓口へ足を運ばれる事をお薦めします。
また、窓口に直接出向くのではなく、ファイナンシャルプランナーに訪問してもらう形の保険見直しサービスもあります。窓口へ行く時間がない人や面倒だという方はそういったサービスの利用も検討するといいでしょう。

見直しのタイミング

結婚ご家族の保険の見直しのタイミングはやはり、被保険者の生活環境が大きく変化を見せる、例えば成人あるいは就職からの経済的独立、結婚などの時期に合わせての実践がお薦めです。保護者であるご両親の庇護の下から経済的にも社会的にも離れると同時に、必要となる保険金額やその内容、そして保険金受取人の変更など、保障内容の大きな修正が欠かせません。

こうしたお子様の契約内容の修正に関し、今ひとつイメージが湧かない場合でも、不安を覚えられる必要はありません。保険見直し作業に際し、保険代理店の担当者にご質問いただければ、分かりやすい説明が受けられますので、理解納得出来るまで、じっくりと質疑応答を重ねながらイメージを掴んでいただければ大丈夫です。

また可能であれば、ぜひお子様にも同席いただいてください。成人あるいは社会人として、それまで保険料を含め、全て親任せだった保険という金融商品の重要性を理解から、自身のライフプランを自ら見据え構築する貴重な体験の1つとして、保険見直しは貴重な実社会の学びの場となります。お子様の保険の見直しのベストタイミングとして、お子様ご自身が保険という保障を正しく理解出来る年齢に達し、生活環境や社会的立場が変わる時期が見逃せません。

不可欠なライフプラン

保険の見直しは、単に月々の保険料負担を軽減するメリットや、これまでの余分に保障内容をカットして契約をスリム化するだけの作業でない事は、既に皆様も十分ご承知の通りです。ですが多くの方々の誤った予備知識として、見直し作業を行う現在のご自身ご家族にジャストフィットの保障内容に修正する作業だと認識する傾向が否めません。確かに初めて保険契約された際には、多くの方々がこの観点から保障内容を決定されているかと思われますが、ここで大切なのは「現在から未来の安心」に他なりません。

家族だからこそご自身あるいはご家族の5年後、10年後、数十年後の未来予想図すなわちライフプランを、ご自身とご家族がしっかりと見定める必要が求められます。こればかりは保険のプロフェッショナルでも独自に想定は出来ず、皆さんとのコミュニケーションを通じ、ヒアリングした内容に基づいたプランの構築からの提案となります。だからこそ第三者に自分達の未来を明確に伝えられる準備を整えた上で、例えば来店型保険代理店の窓口を訪れるのがベストなのです。具体的な資料まで準備する必要こそありませんが、口頭で正しく申し伝えられる態勢は整えておきましょう。このライフプランが不明確な場合、保険見直し作業自体の意味が曖昧になってしまい、十分なメリットが得られぬ可能性が高まります。

家族単位の保険見直し

保険の見直しは皆様のご家族のライフプラン、すなわちお子様の成長や独立、あるいは高齢のご両親の体調面の変化など、個人個人へのマッチングのみならず、1つのご家族全体としての確認作業としても非常に大切です。ですが忙しい毎日を過ごす中、無意識のうちに当初の契約内容に何の疑問も抱かず、毎月保険料が引き落とされ続けてきる事すらノーチェックという方々も、おそらく少なくないかと思われます。

中でもお子様が被保険者の保険契約に関しては、お子様ご自身でその内容を正しく理解するのは難しくて当然です。だからこそご両親が家族全体の保険契約状況を正しく把握からの定期的な見直し作業の実践を通じ、より的確な保証の確保プラス、保険料を可能な限り抑えていただくのがベストです。

学生特に学資保険など、お子様の教育や成長に必要な現金を確保する目的の保険以外の、お子様自身に万一が生じた際の保険に関しては、成長に則した細やかな見直しからの修正が求められます。小中高大学と進学する度に、お子様の生活環境葉大きく変化を見せると同時に、想定されるリスクも変わります。あるいはご高齢のご両親の保険に関しても、仮に現在は元気に暮らしておられたとしても、突然中長期的な入院や高額な治療費の負担が避けられぬ状況が生じた場合、果たして十分な保険金が確保出来るのか、慎重な試算が欠かせません。

ここでは多くの方々が見落としがちな、ご自身以外のご家族の保険の見直しの重要性と、着手に際して皆様にしっかりと見据えていただきたいライフプランについてお話いたします。ぜひこの機会にご家族ご夫婦間で話し合いの上、保険見直しの機会を設けていただければ幸いです。